読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空であってもレイプ表現は許されない?表現の自由の危機

AV出演強要問題を利用して反ポルノ思想を社会に押し付けようとする人達

本当にもう表現の自由を何だと思っているのか!?公明党がレイプ表現の規制を主張しだした
 
この手の主張は元々反ポルノ団体が持っていたものだがAv出演強要問題に乗じてその報告役のHRNやPAPSが提言したものだと思われる、PT(政府の会合)自体が反ポルノ団体とそれに賛同する議員で成り立っており「嫌ポルノ」という偏った思想を持った人達の集まりといえるだろう、この手の人達の偏見と突っ走った正義により表現が蹂躙されては堪ったものではない、大体「本番の禁止」や「強姦表現の規制」は当初の目的であるAV出演強要対策とは何の関係も無い!
 

そもそもレイプ表現って悪なの?消費している人達は異常者で犯罪者予備軍なのか?

かねてよりレイプなど性犯罪を表現したポルノに批判的な人達がいて理不尽に感じていたがはっきり言おう!
エロは文学でありポルノに置いてレイプ表現は特殊なものではなくメジャーな性指向だと。
 AVに限らず漫画やアニメでもレイプ表現はニーズがあり普通に出てくる、性には受けと攻めがありそれを過激に表現したものがレイプなのでガールズコミックスやBLなど女性の消費するポルノでも強姦表現は出てくるし男性が消費するポルノで男が女に逆レイプされるものも普通にある
 
これだけニーズが有り巨大なマーケットのある一つの性指向を誰が何の権利で規制しようというのか!?
我々は性犯罪者予備軍でも異常者でもない!
普通のどこにでもいる大勢の善良な市民がこの手のポルノを消費しているのであって決して特殊なものではないことはマーケットが有る事実が証明している
 
架空であってもレイプ表現を消費することが許されないとは馬鹿げている、性的な妄想として無理やりにしたい(されたい)という性指向があることは決して特別なことではない
こういったメジャーな性指向を悪と決めつけ表現の自由を侵害する権利など誰にも無い、この人達は正義を盾に思想を押し付け社会を私物化しようとしている、国家権力で規制などしたらその手の表現を消費したい人達の自由はどうなるのか!?特定の思想を持つ者だけで会議が行われ過激な規制が主張されることは民主的ではない
 
私たちはレイプ表現がフィクションにおけるファンタジーであり普通にある性思考であって妄想と現実を区別しなければいけないこと
規制を訴える人達は偏見による無理解と妄想が膨らみその手の表現の消費者をモンスター化して視てしまっていることを伝えなければいけない
 
これはAVに限ったことではなく漫画やアニメの問題でもある、レイプ表現が悪なら漫画やアニメなら許されるという理由は無いのだから